楽器は先生と一緒に買いましょう

ピアノやクラリネット、サックス、フルート等様々な楽器があり、楽器店で購入するのが当然であるようなイメージがあるのでヴァイオリンも楽器店で買えばいいと思ってらっしゃる方が多いので、ここで書いておきたいと思います。

特にクラシック音楽楽器の基本の基本として、

「先生と一緒に買う」

これは絶対に大切なのです。フルートやサックスであればちゃんと楽器が調整されているか調べる必要があります。楽器店で買っても新品でも不良品であるということも多く中古であればなおさらです。

ピアノも音がガタガタだったりすることもあるので、購入するときは先生に見てもらったほうがいいです。ただ経験上、ピアニストはほかの楽器の先生と比べて楽器についての知識があまりないことが多いので、先生により知識の量に差があるのでピアノに関しては?マークかも。これは、ピアノという楽器が非常に完成された楽器であるため自分で調整などを行う必要がないためだと思われます。

ピアニストには調弦したり頭部管調整したりという経験がないので、さもありなんという感じです。

例えば自宅に電子ピアノをご自身でWEBで購入されても、「アリ」なのはピアノの特性かもしれません。管楽器も型番さえあっていれば大きく外すことは新品ならないように思います。

でも。

ヴァイオリンや弦楽器だけはだめ。

ヴァイオリンは楽器店に行くととにかく高いものをすすめられたり、またWEBで3,4万円で売っていたりと一般の人はどれを選んでいいのかさっぱりわかりません。

「うまくなってからいいのを購入します」

というのは、ヴァイオリンでは通用しないのです。なぜなら、悪い楽器だとうまくなれないから。それは物理的に、安いヴァイオリンだと出来ない箇所が楽譜で存在するからです。ある生徒さんで「楽器店で150万円でヴァイオリン買ってきました!」と言って見せていただいたのですがど~~~みても50万円程度の音しか出なかったり、しかもそれが超有名楽器店だったり。。

「私はこの音がいいとおもったので」

これもあまりお勧めできません。その方がちゃんとした奏法をマスターしていないと、適当に弾いてもいい音が出る楽器に行きがちですが実は華やかさがなかったり音量が出なかったりと、非常にわかりづらいものなのです。

音大でも出ていない限り、ヴァイオリンは先生にまず聞いて、その後購入するようにしてください。ミナトでも楽器店より格安で販売しておりますのでお声がけください。利益ほとんどないのであまり積極的に販売していませんがおっしゃっていただければ試し弾きもご用意もいたしますので。

別にミナトでなくてもかまいませんので、ぜひ先生と一緒に楽器は選ぶようにしてくださいませ m(_ _)m

体験レッスン申し込み

>> 【公式】ミナトミュージックサロンのページはこちら
ピアノ、バイオリン、フルート、サックス等のレッスンのご案内です。子供、初心者もOK!

>> ミナトピアノ練習室はこちら
格安のピアノ・楽器練習室のご案内。港区芝浦、田町駅、三田駅からすぐ!