楽器店のピアノコーナーは意地の張り合い

先日、生徒さん向けのテキストを探すために銀座の楽器店に行ってきました。

やっぱり大きい本屋さんだとものすごくたくさんのテキストがあるので、見ていて楽しい。ついつい長居してしまいました。その後ヴァイオリンコーナーに足を運びます。気後れせずに、初心者なんですが特徴をいろいろと教えてくれませんか、というと親切に教えてくれます。

そして、ミナトで働いているくせにやっぱり来てしまいましたピアノコーナー。最新のC6Xシリーズ、Sシリーズ、CFシリーズなどを試弾出来ます。CFXが最高ランクで、その下がCF、S、CSとなっています。このあたりにはカワイは置いてないんですよね。

少し弾かせていただくと、誰かが負けじと弾きだすんですよ。

エオリアンハープ弾いたら誰かが同じ曲弾き始めて、10-1弾きはじめたら誰かが10-1弾きはじめ、さらに誰かが革命弾き始め、10-8、10-4(なぜか全部ショパンエチュード)肝心の自分の音が聞こえん!

みんなピアノの音確かめに来たんだから、曲弾いてないで音色聞いてよ~ 子供がそれ弾いてるお母さんも止めろよ~ 共有のスペースなんだから、もっと遠慮とか謙虚さをもって欲しいなぁ。

皆さん、ピアノコーナーでは、少し弾かせていただくだけにとどめたほうがいいと思いますヨ!

体験レッスン申し込み

>> 【公式】ミナトミュージックサロンのページはこちら
ピアノ、バイオリン、フルート、サックス等のレッスンのご案内です。子供、初心者もOK!

>> ミナトピアノ練習室はこちら
格安のピアノ・楽器練習室のご案内。港区芝浦、田町駅、三田駅からすぐ!