もし発表会で〇〇〇したくなったら?

クラシック音楽業界はとても狭く、働いている人もいろいろな教室と交流があったりします。

先日、とある派遣型の音楽教室の先生と飲んだ時、そっちの教室どう?と聞いちゃいました。

生徒さんはよい方が多いのだけど、派遣で移動時間が長いのでそれがつらく、時給にすると本当に少なくて大変・・・だそうでした。派遣型の教室は、こういう先生の事情を無視した教室がほとんどのような気がしますね。ミナトも派遣はやっていますが、派遣料金でレッスン料金1回最低3000円はいただいています。

だから総額料金はそれなりの金額になりますが、そうでないと、先生が続かず生徒の為にもなりませんからね。生徒さんも大切ですが、満足いく待遇あってのよい先生、よいレッスンなので、十分にご理解いただける方限定で派遣しています。もともと派遣はその位の価格設定が妥当で、先生がやってくれるからと先生に負担を押し付ける業界の傾向はよくないと思いますね。

さて本題です。発表会で、子供が緊張して吐きそうになったらしいです。お母さんは、なんとかして弾かせたいと思われたご様子。ホールの人は、もし吐いたらピアノ弁償してもらえますか?と言っていたそうで、さらにその子の先生は発表会に来ていなかったようでもめにもめたようでした。

そこのお教室では、結局 弾かせたらしいです。

幸いミナトではこういうパターンはありませんでしたが、念のためこういうケースも考えておかなければならないですね。これは結構悩みましたが、もしこういうことが起きた場合、明らかに具合が悪い場合はあきらめて頂こうと思います。

その理由は、もちろん弾かせてあげたい気持ちはやまやまですが、その気持ちと本人、親御さんの気持ちを足しても明らかにつり合いが取れないからです。

例えば発表会参加者が80名いたとして。ちょうど次回の発表会がその位出られるのですが、子供なので10番目だとすると、もしやらかしてしまった場合、残り70人全員が弾けなくなってしまいます。ひとりの為になんの責もない人が迷惑をこうむるのはおかしい、というのが1点。私たちの発表会の後の他のコンサートにもご迷惑をおかけしてしまいますからね。

そして、もしそうなった場合、そうそう簡単にピアノのクリーニングできません。材質は木ですからもしかすると全損扱いになるかもしれません。スタインウェイのフルコンであれば2,000万円近くもします。子供のお母様にしても発表会に出るのに2,000万円も払わなければいけないというのは割に合わなすぎるでしょう。

ご自身の為にも皆様の為にも、ぜひ、体調は万全にして本番に挑んでいただければと思います。

体験レッスン申し込み

>> 【公式】ミナトミュージックサロンのページはこちら
ピアノ、バイオリン、フルート、サックス等のレッスンのご案内です。子供、初心者もOK!

>> ミナトピアノ練習室はこちら
格安のピアノ・楽器練習室のご案内。港区芝浦、田町駅、三田駅からすぐ!